タイヤ生産・販売動向

1. 品種別生産動向

2021年の自動車タイヤ生産実績は、本数ベースで1億3,751万本・前年比13.8%増となり、前年を大きく上回りました。

国内向け、輸出とも増加し、乗用車用は前年比12.7%増、小形トラック用は前年比15.1%増、トラック・バス用は前年比17.9%増と各品種とも前年を大きく上回りました。

text text

2. 新車用タイヤ販売動向

2021年の新車用タイヤ販売実績は、3,693万本・前年比2.2%減となり、4年連続で前年を下回りました。

世界的な半導体などの部品供給不足の影響を大きく受けた乗用車用は前年比5.3%減と前年を下回りました。輸出向けの増加により、小形トラック用は前年比6.2%増、トラック・バス用は前年比9.1%増と前年を上回りました。

text text

3. 市販用タイヤ販売動向

2021年の市販用タイヤ販売実績は、6,961万本・前年比7.3%増となり、4年振りに前年を上回りました。

text text

3-1.市販用/夏用タイヤ販売動向(四輪車用)

2021年の夏用タイヤ販売実績(夏用とは冬用を除く一般タイヤ)は、4,407万本・前年比3.2%増となり、前年を上回りました。

乗用車用は前年比3.3%増、小形トラック用は前年比2.9%増、トラック・バス用は前年比4.2%増と各品種とも前年を上回りました。

text text

3-2.市販用/冬用タイヤ販売動向(四輪車用)

2021年の冬用タイヤ販売実績は、2,346万本・前年比16.1%増となり、3年振りに前年を上回りました。乗用車用は前年比17.2%増、小形トラック用は前年比13.6%増、トラック・バス用は前年比14.0%増と各品種とも前年を大きく上回りました。

text text