JATMA TOP
廃タイヤの適正処理について

タイヤ業界では、平成7年以来、廃棄物処理法に定められた廃棄物処理業の許可不要の制度に基づき、排出者から処理費を徴収して廃タイヤの適正処理を行ってきましたが、平成23年4月1日を以て「産業廃棄物広域再生利用指定制度」の経過措置が廃止されました。
これにより、従来の指定産業廃棄物については、通常の産業廃棄物と同じ取扱いになりますので、下の「廃タイヤの適正処理について(マニュアル)」をご参考に、適正に処理されるようお願いいたします。
なお、タイヤが一般廃棄物になったものの取扱いに変更ありませんので、従来通りの対応を行って下さい。

廃タイヤの処理委託契約を行う際に必要な委託契約書の雛型を用意いたしました。
契約当事者間の交渉により、内容の変更もしくは削除、新たな条項の追加等は必要に応じて行ってください。なお、廃棄物処理法で定められた記載事項は削除できません。

〈参考情報〉

環境省ホームページ

 自動車用ゴムタイヤが産業廃棄物となったものの取扱いについて  産業廃棄物広域再生利用指定制度
△このページのトップへ